相続診断協会は、相続診断士の認定発行・教育・サポートを行っている機関です。

相続診断協会相続診断協会
0366619593

相続コラム最前線

[月刊]笑顔相続最前線 パートナー事務所通信と[月刊]笑顔相続最前線 相続Q&A[事例]は、相続診断協会が発行している相続診断士の資格者の方だけにお送りしているメルマガです。
一般の方には、抜粋版をお送りしております。一般の方専用メルマガ登録はコチラ

  • [月刊]笑顔相続最前線 パートナー事務所通信

    【vol.58】笑顔相続のポイントは日常の笑顔から

    相続診断士の皆さんこんにちは。札幌の司法書士 泉田陽介と申します。 現在、相続開始後の預貯金の解約手続きと、事前対策のための遺言作成業務で大変喜ばれています。 私は、相続という出来事、現象を通して、家…続きを読む

  • [月刊]笑顔相続最前線 相続Q&A[事例]

    【vol.67】~2019年度税制改正の動向~

    質問 昨年度の税制改正は、事業承継税制や小規模宅地等の特例で沸きましたが、 今年度の税制改正では、資産税においてはどのような点が検討されているのでしょうか? 回答 2018年12月21日、2019年度…続きを読む

  • [月刊]笑顔相続最前線 パートナー事務所通信

    【vol.57】この土地の所有者はいったい誰?

    相続診断士の皆様、初めまして。東京の上野近くにあります台東総合法律事務所の代表弁護士の谷貝と申します。 私は、都内法律事務所での勤務弁護士を経て、地元である台東区に開業いたしました。 現在は、台東区を…続きを読む

  • [月刊]笑顔相続最前線 相続Q&A[事例]

    【vol.66】相続Q&A~特別寄与料制度について(相続法改正)~

    質問 来年の相続法改正に関して、特別寄与料制度について教えてください。 回答 被相続人に対して無償で療養看護その他の労務の提供をしたことにより被相続人の財産の維持又は増加について特別の寄与をした被相続…続きを読む

  • [月刊]笑顔相続最前線 相続Q&A[事例]

    【vol.65】相続Q&A~小規模宅地等の特例について~

    質問 非同居親族が、被相続人が居住の用に供していた宅地等を相続した場合の小規模宅地等の特例、いわゆる“家なき子”の取り扱いについて、本年度の改正でこれまでとどう変わったか教えてください。 回答 被相続…続きを読む

  • [月刊]笑顔相続最前線 パートナー事務所通信

    【vol.56】笑顔相続の事例

    相続診断士の皆様、はじめまして。 相続診断協会でパートナー事務所をさせて頂いております公認会計士・税理士の大畑伊知郎と申します。 大学卒業後、都市銀行に約10年勤務後、公認会計士・税理士となったという…続きを読む

  • [月刊]笑顔相続最前線 パートナー事務所通信

    【vol.55】未曾有の認知症社会到来!家族信託と認知症対策

    相続診断士の皆様、こんにちは。 東京表参道で司法書士法人を開業しております元木翼と申します。 1年ほど前より相続診断協会のパートナー事務所としてお手伝いをさせていただいております。どうぞよろしくお願い…続きを読む

  • [月刊]笑顔相続最前線 相続Q&A[事例]

    【vol.64】相続Q&A~【相続法改正】自筆証書遺言の要件の緩和~~

    質問 民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律が公布され、自筆証書遺言の方式が緩和されると聞きました。 具体的にいつから、何が変わるのですか。   回答 平成31年1月13日より、自筆証書…続きを読む

  • [月刊]笑顔相続最前線 相続Q&A[事例]

    【vol.63】相続Q&A~相続Q&A~仮想通貨と相続税~~

    質問 仮想通貨を相続した場合に、相続税の課税対象となりますか? また、相続人が被相続人の設定した仮装通貨のパスワードを知らされていないような場合にはどうなりますか?   回答 仮想通貨を相続…続きを読む

  • [月刊]笑顔相続最前線 パートナー事務所通信

    【vol.54】想いを伝えた遺言書

    相続診断士の皆様、はじめまして。行政書士法人 倉敷昭久事務所 代表行政書士倉敷昭久と申します。 現在、全国5 ヶ所に拠点事務所を設けてその周辺エリア14 都府県で相続専門に日々活動をしています。 当法…続きを読む

PAGE TOP