相続診断協会は、相続診断士の認定発行・教育・サポートを行っている機関です。

相続診断協会相続診断協会
0366619593

落語で相続を学べる『笑顔相続落語』WEB講演を初開催!170名が視聴!!


2020年4月29日「相続診断士®」を認定している一般社団法人 相続診断協会(所在地:東京都中央区、代表理事:小川 実)は、落語で相続を学べる『笑顔相続落語』WEB講演をパナソニックホームズ株式会社主催で開催しました。『笑顔相続落語』をインターネットライブ配信するのは初めてでした。

【写真】笑顔相続落語 ネットライブ配信映像撮影の様子

新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、全国で不要不急の外出自粛が呼びかけられる中、一人でも多くの方にご自宅で楽しく過ごして欲しいという思いを、パナソニックホームズ株式会社のご協力で実現しました。

当日はパナソニックホームズ株式会社の既存のお客様170名の方にご視聴頂き、相続の生前対策の大切さを落語を通して楽しく学んで頂きました。

「笑顔相続落語®」とは・・・2014年5月に相続の生前対策の重要性をわかりやすくお伝えするため、真打の落語家「桂ひな太郎」と「相続診断協会」で共作した創作落語です。
2020年4月現在、通算286回開催・延べ33,402名の方にご来場頂いています。
詳細はこちら→http://souzokushindan.com/sys/egaosouzokurakugo/

【協会概要】
名称:⼀般社団法⼈ 相続診断協会 ( http://www.souzokushindan.com )
所在地 : 〒103-0013 東京都中央区⽇本橋⼈形町 2-13-9-7 階
代表者 : 代表理事 ⼩川 実
設⽴ : 2011 年 12 ⽉
事業内容: 相続診断⼠検定試験の実施及び資格の付与、相続診断⼠を育成するための研究会の企画及び実施、相続に関
する税務、法務その他の各種セミナーの企画及び実施 等
ミッション: 争う相続を減らし、笑顔相続の普及活動により社会問題を解決する事です。
⽣前に家族で相続について話し合い、円満に後世に想いを引き継いでいく社会創りのお⼿伝いをしています。私たちは⽣
前に話し合う事が親の義務という社会を⽬指します。相続診断⼠を通じて⼀般の⽅へ問題啓発を促しています。想いを残
す⼤切さを伝えると共に有効な⽅法としてエンディングノートを推奨しています。

参考資料

<「遺産が多いから揉める」は間違い>?

「相続」が「争族」になってしまうのは、他⼈事ではありません。
遺産が多いから揉めるのではなく、誰でも「争族」になる可能性を持っているのです。最⾼裁判所の「司法統計年報」(平成 26 年度
)によると、相続分割事件全体の中で、相続税がかからない⽅が⼤半の 5,000万円以下の遺産分割でもめている件数が、なんと全体の
72.9%を占めています。
驚くことに、1000 万以下で争ってる件数が 31.9%を占めています。「相続税」は全員が対象ではありませんが、「相続」は誰にも訪れます。何故揉めるのか、どうすれば揉めずに、「笑顔相続」を迎えられるのか、道先案内を相続診断⼠が⾏うと共に、その準備の為に⽣前に話し合う事が親の義務という社会を⽬指しています。

【「相続診断⼠」とは】

相続の基本的な知識を⾝につけて相続診断ができる資格です。現在は全国に 40,000 名以上が合格しています。
相続は、⺠法や相続税法などの正しい知識がないため、⽣前の準備を怠り、その結果、亡くなった後に不動産等の分けら
れない財産に⾝内が揉めたり、多額の相続税で苦労をすることが多くあります。⽣前に「弁護⼠」「税理⼠」「司法書⼠
」などの専⾨家に相談出来ればよいのですが、親切で相続に詳しい「専⾨家」に出会うことは容易ではありません。⼀般
の⽅からすると、そもそも誰に相談したら良いのか分からないというのが現状です。
「相続診断⼠」は、その誰に相談すればいいのか分からないの声に応えるべく、特に相続に重要な「⺠法・相続税法」な
ど法律の正しい理解と、「正しい遺⾔書の書き⽅」「エンディングノートの普及と書き⽅の指導」等々の周辺知識など多
岐にわたる知識を習得、研鑽を続け相続に関する多岐にわたる問題を理解し、『笑顔相続の道先案内⼈』として社会的な
役割を担います。

(印刷される方はこちらをご利用ください)
落語で相続を学べる『笑顔相続落語』WEB講演を初開催!170名が視聴!!(PDFファイル)

 

本記事に関するお問合わせ先

一般社団法人 相続診断協会 広報担当 山本・久保田宛

0366619593

相続コラム最前線

  • 落語で相続を学べる『笑顔相続落語』WEB講演を初開催!170名が視聴!!
  • お知らせ一覧

PAGE TOP