【開催日:2021年7月16日】<ZOOM開催>『民法改正1日講座<2021>』~相続ルールの基本である「民法」及び「不動産登記法」を理解する!~


イベント詳細


<パートナー事務所/株式会社吉澤相続事務所主催セミナー>

\ 1年半ぶりに復活 !/
お待たせいたしました。
相続の「そ」、基本中の基本である民法を学ぶセミナーが最新版<2021>として帰ってきました!

相続の基本は「民法」です。
遺産分割、遺留分、寄与分、特別受益、遺言、養子縁組、贈与等、相続に関するルールは「民法」にあります。

本セミナーは、2018年に大改正された「民法」(2019年~2020年に施行)、そして2021年に改正公布された「民法」及び「不動産登記法」(2023年以降に施行予定)について、相続に関連する項目を中心に解説するセミナーです。
講義は、事例を多用し、実際の相続の現場をイメージできるような内容となっています。

1. 配偶者居住権
2. 配偶者短期居住権
3. 配偶者保護
4. 預貯金の仮払い制度
5. 自筆証書遺言の方式緩和
6. 自筆証書遺言の保管制度
7. 遺留分侵害請求
8. 特別寄与料
9. 相続財産に属する共有物の分割(案)
10. 所在等不明共有者の持分の取得・譲渡(案)
11. 特別受益と寄与分(案)
12. 相続登記の必須化(案)
13. 氏名・住所変更があった場合の登記(案)
14. 土地所有権の国庫に帰属承認制度(案)

<このような方に、お勧めです!>
◆1日で、相続ルールの基本である最新の「民法改正」を理解したい方
◆税理士、弁護士、司法書士、CFP、FP1級、上級相続診断士等、既に相続に携わっている上位資格者の方
◆今後本格的に相続業務に進出しようと考えている方
◆本に書いていない、活きた実務を学びたい方
◆現場に強い、一つ上の相続コンサルタントを目指している方

今回はZOOMによるオンライン開催になりますので、今まで会場まで遠くて参加できなかった方でも、気軽にご参加いただけます。

どうぞこの機会をお見逃しなく!

 

日時

2021年7月16日(水)10時00分~17時00分 受付/9時30分

10:00~12:00 配偶者居住権、配偶者短期居住権、配偶者保護
13:00~17:00 預貯金の仮払い制度、自筆証書遺言の方式緩和、自筆証書遺言の保険制度、遺留分侵害請求、特別寄与料、所有者不明土地、特別受益、寄与分、相続登記、所有権移転登記、国庫に土地帰属制度

 

内容

2018年に大改正された「民法」(2019年~2020年に施行)、そして2021年に改正公布された「民法」及び「不動産登記法」(2023年以降に施行予定)について解説します。
講義は、事例を多用し、実際の相続の現場をイメージできるような内容となっています。

 

講師

株式会社吉澤相続事務所 代表取締役 吉澤 諭

講師は、『トラブル事例で学ぶ 失敗しない相続対策(近代セールス社)』の著者、一般社団法人相続診断協会のパートナー事務所でもある株式会社吉澤相続事務所の吉澤諭が務めます。
吉澤は、7年前まで大手銀行の本部で「相続・事業承継」責任者を長年務め、毎年300件以上の個別相談に対し、幅広い知識と豊富な実務経験を武器に“答え”を出してきた今も現役の相続コンサルタントです。
また、事例を多用し聞き手を飽きさせない巧みな話術、現場を知り尽くした実務を惜しげもなく披露するスタイルのセミナー講師として、過去に講師を務めたセミナーは600回、社内外の研修は800回、延べ出席者は26,000名にのぼります。更に、相続実務研修『吉澤塾』を主催し、現場に強い本物の相続コンサルタントを養成しています。

 

会場

ZOOMによるオンラインセミナーです。

 

会場住所

ZOOMによるオンラインセミナーです。

 

定員

12名(先着順・事前入金)

 

受講料

55,000円(税込)
*お支払いは、申込時にカード決済するか、申込み後に送られて来る自動返信メール記載の口座へ申込み後3営業日以内にお振込するか、でお願いします。
*本セミナーはオンライン開催の為、一般社団法人相続診断協会の「(更新特典)セミナー割引チケット」はご利用いただけません。

※「(更新特典)セミナー割引チケット」は2020年7月をもちまして、更新特典としての配布は終了しております。

 

備考

ご不明な点などございましたら、事務局(下記メール)までお問い合わせください。

E-mail:jimukyoku@yoshizawafp.co.jp

 

申込

上記内容をご確認の上、お申込下さい。