相続診断協会は、相続診断士の認定発行・教育・サポートを行っている機関です。

相続診断協会相続診断協会
0366619593

【2022年7月20日締切】
『大好評!相続診断士・上級相続診断士限定企画!日本法令単行本への執筆』

相続診断士並びに上級相続診断士の皆様へ

2016年から毎年行っている新刊書籍掲載事例公募企画を、本年も実施致します!
昨年発刊した『良い相続 悪い相続 チャートで把握する相続危険度』は、たくさんの方にご購読いただき、今もAmazonや書店にて好評発売中です。→詳細はこちら

そして本年も、株式会社日本法令様より「相続事例を集めた書籍」の制作依頼がありました。
相続診断士の方で執筆しても良いという方を最大30名様募集いたします。
もちろん出版本にはあなたのお名前が記載されます。

※これまでの書籍寄稿者の中には、当協会代表理事のYouTubeチャンネルにて対談動画にご出演いただいたり、単独で書籍出版するきっかけとなった方もいらっしゃいます!

コロナ禍が未だ続く中、『相続診断士』として一つでも多くの「笑顔相続への形」を示し、残していければと願ってやみません。
皆様のご応募お待ちしております。

【書籍概要】
■仮タイトル:『身内に迷惑をかけない 死ぬまでにやっておくべき30のこと(仮)』
2022年12月発売予定

■内容:
人生100年時代ともいわれ、長生きがリスクともなってきている昨今、「老後」は思っている以上に長くなりました。死後の準備ももちろん大事ですが、大切な身内に迷惑をかけず、長い老後を安心して暮らすために、長生きするために、相続の生前対策は重要です。
また、争族となるケースのほとんどは、亡くなるまで「起こり得る問題」を放置したことに原因があります。
そこで、本企画では、死ぬまでにやっておくべき生前対策に焦点を当て、「遺言」、「エンディングノート」、「認知症対策」、「財産整理」……等々に分けて、それらの事例から、どのような相続の生前対策があるかを探っていきます。

【募集要項】
■応募方法
まずは相続事例の内容を【テキスト約3000文字】でwordファイルを以下メールアドレスまでお送り下さい。
(お名前・相続診断士認定番号・電話番号・応募項目を必ずご入力ください)

■募集項目一覧
※以下項目からお好きなテーマを選びご執筆ください。(各項目募集数は予告なく変更する場合がございます)
・遺言書            → 6項目募集
・エンディングノート      → 4項目募集
・認知症対策          → 4項目募集
・相続税・遺産分割・事業承継  → 6項目募集
・身の回りの整理        → 3項目募集
・保険・信託・不動産      → 4項目募集
・葬儀・お墓          → 3項目募集

合計30項目

■応募用テンプレート
下記よりダウンロードいただけるテンプレートをお使いください。
こちらを活用し本文を編集後、ご応募をお願い致します。

■応募先
相続診断協会 事務局 宮山 宛
info@souzokushindan.com」&「t-miyayama@souzokushindan.com

■応募期日
2022年7月20日まで

■費  用
執筆料はありません。(書籍を執筆者特別価格で購入頂けます。※販売価格未定)

■選考結果通知
2022年8月中旬~下旬頃を予定
厳正なる選考の上、選考対象者となった方へのみ、メールで選考結果を通知いたします。(選考者様には、本誌掲載へ向けたプロフィール作成や原稿加筆修正を適時行っていただきます)

*******************************
参考:
株式会社日本法令
〒101-0032
東京都千代田区岩本町1-2-19
*******************************

0366619593

【2022年7月20日締切】相続診断士・上級相続診断士限定企画!単行本事例ご執筆者募集詳細ページ

  • 【2022年7月20日締切】相続診断士・上級相続診断士限定企画!単行本事例ご執筆者募集詳細ページ

PAGE TOP