MENU



相続診断士とは?

「相続」のことは、誰に相談しますか?

 

 

笑顔相続の道先案内人「相続診断士」の使命とは?

相続診断士が不足しています。g1

 相続税法の改正により自身の相続財産が課税対象になる方の増加、さらに対象になるかどうか不安に感じる方も増え、相続に関する不安は高まる一方です。

問題の解決方法として、士業ではなくもっと身近な相続に関して有る一定以上の知識者が一次対応を行っていく事で解決していくと協会は考えています。そして「相続診断士」が数多くなる相談者の一次対応をして頂く事が多くの問題解決になると考えます。

 

 相続診断士試験について▷▷▷

相続はお金持ちだけの問題と思っていませんか?

表を見てお分かりの通り、相続税対象者の訴訟割合は非常に低く逆に相続税非対象者が大半の5,000万円以下の紛争割合は74%にもなっています。

 

日本全体では、1年間で約50兆円規模の遺産が受け継がれていく「大相続時代」だと言われていますが、相続税非対象者なので税理士もなかなか手つかずの状態です。

 

家計に大きな贈り物となる可能性もありますが、遺族の争いに発展することが多いのが相続問題です。実際に、家庭裁判所での相続関連の相談は約18万件と10年前の2倍に増えています。
相続はお金持ちだけの問題という誤った認識が、一般家庭の相続準備を怠り問題を複雑にしています。

遺産が多いから揉めるのではなく、100人いれば100通りの相続がありどこの家庭にも、きちんと相続に対しての準備と助言が必要な時代です。

 

相続診断士の立ち位置とは?

相続について全く知識のない相続関係者からヒアリングし、現状を認識することから始めていきます。必要な場合には、お客様と各専門家である税理士、弁護士、司法書士、不動産鑑定士等の有資格者との間に立ち、お客様の隣で、きちんとつなぐ役割が今の世の中で求められています。「相続」が「争族」にならない為に、笑顔で相続を迎えるお手伝いをするのが「相続診断士」の求められる社会的役割です。まさしくこれからの社会に求められる資格です。

 

【ニーズ

 

笑顔相続までの道順とは?

 

相続診断士は当協会オリジナルツール等を使って、この5つのステップで笑顔相続へと導いていきます。
このステップに関しては、相続診断士としての第一歩セミナーにて解説を行います。同時に③笑顔相続ノートを実際に作成頂き、体感出来ます。また、相続診断士として講師デビューしたい方向けのセミナーもあります
▷▷相続診断協会主催セミナー一覧

souzokushindanshi

① チェックシート
 10分の個別相談で誰でも相続ニーズを浮き彫りに出来る相続診断協会オリジナルのヒアリングツールです。

 ▷相続診断チェックシートマニュアル
 ▷相続診断チェックシート
 ▷「相続診チェックシート」ベータ版ログインページ

 

② ヒアリングシート
 財産について更に細かくヒアリングしていきます。
 ▷無料ダウンロード(相続診断士は無料:カートから0円でご購入手続きをお願いします)
 ▷20冊セット購入

 

③笑顔相続ノート
 
相続診断協会オリジナルのエンディングノートです。
 第2部で体感することが出来ます。▷▷相続診断士としての第一歩セミナー(協会主催セミナー一覧へ)
相続診断士特別価格10冊セット購入
一般のお客様向け1セット購入

 

④相続診断書・⑤遺言書

 相続診断協会提携のパートナー事務所の先生方にご依頼頂けます。
  ▷全国のパートナー事務所一覧

 

 

今、注目の相続診断士は様々な業種の方に必要とされています。

生命保険業界にとっての「相続診断士」

相続問題と生命保険は切っても切れない関係があります。お客様に保険の必要性、利便性を、「相続対策」「生前贈与」という観点からお話することは、お客様へのアプローチに幅がでると同時に、お客様からの信頼度が益々向上するでしょう。また、相続は一人の問題ではなく、その家族に関わる問題である為、必然的にご両親やご兄弟への紹介へと繋がることも考えられます。「相続診断士」という資格は、生命保険業界にとって、まさに注目の資格です!

不動産業界にとっての「相続診断士」

相続が発生したときには、必ずと言っていいほど不動産の問題が発生します。21年度の税制改正で小規模宅地の特例の適用範囲の厳格化など、不動産を扱っている方であれば知っておかなければならないことは常にあります。税制改正などのお知らせから、事前に相談に乗ることで、不利益を回避することができれば、大変お客様に喜ばれることでしょう。「相続診断士」の資格を取得し、常に新しい税制改正点などの情報や、解決事例などを学ぶよい機会となるでしょう。

一般の方にとっての「相続診断士」

「大相続時代」に備えるには、相続の揉め事は他人事!と思わないことが大切です。しかしながら一般の方にとっては、全くと言っていいほど学ぶ機会がありませんでした。「相続診断士」では、相続の基礎を一から学び、エンディングノートの作成や遺言書の作成など、具体的なアクションを起こすための第一歩として学ぶ最適な資格です。相続を自分の事ととして捉え、無用なトラブルを避け、笑顔で相続を迎える為にこの資格を取得されることをお薦めします!